石窯作業には つけ麺が よく似合う~?!







あっという間に 年末だね 。。。



SDカードにドッチャリたまった 画像の中から 

ちいとでも アップしとかんとなあ アセアセ 





あっ 先月の 石窯作業の記事!

これなんぞ お蔵入りにしちゃったら

ええ年越しが できんよね 。。。




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞





ここんとこ レンガをカットしては積み上げるという

ほんま ひたすらジミ~な作業状態です!


画像






画像






ここで ちょこっと 図面のご紹介♪



【 ※細かい図なので このままじゃ めちゃくちゃ見えにくいよね 

興味がある方は クリック拡大→もういっちょ拡大で めいっぱい大きくしてな 】




以前お話したように、 うちらの石窯作りには 

下のような4種類の耐火レンガを使ってるんじゃけど

画像


丸っこいお窯本体の下から4段は 縦ぜり形T-3、

それ以降の上部は縦ぜり形T-2を、

型紙に合わせて両側をカットしながら 積み上げています♪





目地はできるだけ薄くせにゃならんので 3ミリとして計算 ・・・


画像



たとえば 9段目のレンガ列は この断面図を測ると 

いちゃん出っぱったレンガ下端の外周が 半径469.7ミリになってます♪



この円に沿って レンガ短手の114ミリを割り付けていくとすると ・・・


画像


ふむふむ   

9段目のレンガは 360°÷13.85°=25.99  つまり 26個いるってことだぁね





各段で レンガの設置傾き度がちがってくるので こんな型紙を作って ・・・


画像








っとまあ かなり緻密な作業になるわけなん 。。。


画像







なので 今回から winさんの こんな秘密兵器も登場!!!





画像


ベルトサンダー ‥∵:*:☆*゜★。::*☆





とはいえ 相手は耐火レンガじゃからね 

そうそう簡単には 削れんのよ 。。。 これが 。。。


画像


うっ ごくろうさま~~~   うるうる






そんな作業日の昼めし作りは あたちの担当♪


のびきったお身体には nyankoの 肉球打ち、 

特製♪極太つけ麺がええかと~~~~~





つけ汁は チャーシューの煮ダレを 

地鶏のガラとひね鶏の身でとったスープと 魚介だしでわって、

ほかに あれこれ ぶち込んで作ってみたん♪

お汁にチャポンしてるんは 豚バラのチャーシュー

画像




奥の麺は 北海道産の強力粉 100%で打ったんを 熱盛りで♪

手前の麺は 同じ粉に卵黄を練り込んだんを お水でしめて冷や盛りで♪



画像




画像


こっちのチャーシューは 肩ロースね♪

今回は 湯引きしたお肉を あらかじめタレに3日間漬けて

そのあと煮てみたん♪  でへへ このやり方 ジューシーな仕上がり~☆



それと 煮玉子なんじゃけど、 今回はお上品に できるだけ白くあげてみたんよ♪

超半熟玉子を漬け込んだタレは ・・・ にゃんとっ!!!

地鶏のガラとひね鶏の身でとった さきほどのあのスープに 

白しょうゆと 煮切りみりんで味付け♪ 

ちょいと薄めのタレに2日間チャプンしたら ええ感じ~  わーいわーい 

  





で お疲れモードの中年殿方'Sに パワー復活の願いを込め ・・・





ミニサイズの“焼豚玉子めし”も :*。・:*:・゚'☆


画像



なぁんもせんで ちっとも疲れてない熟女ネコも 

もちろん 食べたけど 。。。  あはっ






 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい